MRTを受け、遅れていた発育が一気に改善

体験談

2023/12/15

男児3

生後10ヵ月でハイハイもしない息子に、医者は「発育が遅れているだけ。2歳には歩けるでしょう」との診断


息子は私のお腹の中にいるとき、臍帯が首に2回も巻きつき、身体にもたすきがけに巻きついていたと医者に言われ、出産時にうぶ声を上げることもなく、この世に生を受けました。


予定より1週間遅れの41週で生まれたのに2500グラムの低体重児で、お乳を飲まそうとしても口を開かず、ムリヤリ口を開けて乳首を押し込んでお乳を飲ませていました。お乳を吸う力も弱く、量もあまり飲んでくれず、今から思うと生きる力の弱い子だったのだと思います。


首のすわりは3ヵ月頃で正常でしたが、10ヵ月になって、ようやくガラガラを手に持つようになり、お座りもやっとできるようになりました。しかし身体を反らし、自分からしがみつくことがなく、おんぶすることができず、抱きにくい子供でした。


10ヵ月目に医師に相談したとき、「原因はわからないが発育が遅れている。2歳になったら歩けるようになるでしょう」と診断されました。


 また、この子には刺激が多いほうがよいので、療育センターに通いなさいとアドバイスされました。少し発育が遅いが、後に普通になっていくのだと思って、療育センターに通う日が続きました


2歳8ヵ月、「知的障害があり、自閉的傾向、将来の発育は大きく遅れるでしょう」との診断に変更


2歳から少しずつ歩けるようになりましたが、座った姿が年寄りのように背骨が曲がり、2歳8ヵ月のときも言葉は全くしゃべれず、まだ「アーアー、ダーダー」という難語しか出ない状況でした。おしっこもウンチも教えてくれず、オムツも外せない状況でした。


そんな状況のとき、医師から「知的障害があり、自閉症的傾向で将来、健康な子供とは、どんどん大きな差が出てくるでしょう」と言われました。


「これまで約2年間、医者の言う通りに、下の子を母に預けて、毎日、療育センターに通ったのに、今になってこんなことを言われるなんて…」と目の前が一瞬真っ暗になり、途方にくれました。


 同時に私自身が看護士でありながら、現代医学では、全く治す方法がないのだとわかった瞬間でもありました。


医者の診断を受ける少し前(療育センターに通って1年経った頃)に、当時、MRT恵比寿に通われていた母の知人に、MRTでは、言葉の出ない子が話し始めたお話や、「医者がお手あげの病気は『仙骨』で消せ」の書籍の体験談を読ませて頂きました。


その頃、孫は発育に遅れがあるだけで追いつくと思っていたので、MRTは必要ないと思っていましたが、現代医学で治る見込みがないとはっきり言われて、どんな方法でも試してみようと、母と共にMRTを訪れたのでした。


1回目のMRT仙骨無痛療法で変化が出て、昼寝をしなかった子がぐっすり寝た


1回目のMRT仙骨無痛療法後に、それまで昼寝をしたことがなかったのが、電車の中でぐっすりと寝込んでしまったのです。

その後の1ヵ月間はとにかくよく寝ることと、排泄、発汗の量が凄くて、体内からどんどん悪いものを捨てているようでした。


そして、段々しっかりと歩けるようになり、年寄りのように曲がっていた背中もピンと真っすぐに立って、姿勢がよくなってきました。


意思を伝える言葉が出るようになり、コミュニケーションを取れるようになった


4歳になる頃には、嫌なことは嫌と反応するようになり、自閉症独特のオウム返しですが、言葉も出始めました。

5歳の頃には、相手の言うことがわかり、少しずつしゃべるようになって、保育園で健常の子供たちの中で、生き生きと過ごすことができるようになりました


次第に尿意や便意を教えてくれるようになり、オムツも取れました。

6歳で幼稚園の年長さんの頃には、周りの子を意識することが多くなり、お友達の名前を覚え、お友達の中にいることを好むようになりました。


MRTを受けたこの約3年間で赤ちゃんのままだった孫が幼児へと大きく発育してくれたことを感じました。


6歳時、「知的障害を持つ自閉症」と診断この子を中真にして、就学を1年遅らせた


6歳時、医者から「自閉的傾向から、知的障害を持つ自閉症」と断定した診断をされましたが、もう驚きもせず、MRTで仙骨を調整しているので違う展開になるだろうと、デーンと構えた自分がいました。

そして小学校に入るとき、特殊学級か養護学校かの選択に迷っていたのですが、フッと「1年遅らせよう」と決心しました。

市では「入学を1年遅らせるのは前例がない」の1点張りで1年間就学猶予の判定をしてくれませんでした。しかし、私の決心が固く、とにかく入学を遅らせてもらいました。そして、6歳の1年間にまた大きく変化し、2語文も話すことができるようになりました。

1年後にちょうど新しく変わられた校長先生が、孫を快く受け入れてくださり、担任の先生にも恵まれ、1年遅れで普通学級に入ることができました。


8歳で2年生の現在も、医者の診断では3歳程度の知能指数と言われますが、言葉も名詞だけから「一緒に遊ぼう」など、人に投げかける言葉が増え、字を書くことは無理だと言われていたのに、自分の名前が書けるようになりました


周りの先生方もありのままのこの子を認めてくださり、学校中の先生や子供たちに支えられて学校生活を送っています。

そして、相手のことを気遣うことや相手の行動を予測できるようになり、お祖母ちゃんが「ごはんだよ」と言うと、「ハイ」と言って、おじいちゃんのところへ行って、「おじいちゃん、ごはんだよ」と教えに行ってくれたりするようになりました。

また、お花を見て、お祖母ちゃんが「いい匂い」と言うと、「うん、いい香り」と答えるようになり、周りを驚かせています。


3歳までほとんどしゃべれず、自閉症気味と言われた子が、こんなに素敵な返事ができるようになったことも、本当に驚きです。

そして、以前は自分が行きたいところの道をふさぐものは、植木鉢でも何でも手ではねのけて、足で蹴飛ばして前に進んで行くような子でしたが、大事なものはそっと両手で持つこともできるようになりました。

本棚から1冊の本を取るのに、全ての本をひっくり返していたのが、1冊1冊探せるようになりました。


自閉症なのに、他の自閉症の発育とは違う展開に


自閉症という病気は、かなり幅があると言われていますが、軽度であっても、外の人とのコミュニケーションが取りにくいのが一般的です。会話もオウム返しで聞かれたことを繰り返すだけで返事にならないことが多く、また、こだわりが強く、同じ向きにプラモデルを延々と並べて遊んだりしていることが多いと言われています。


しかし息子は、こだわりやパニックになりそうなことはありますが、社会面での成長が大きく、また目の周りを指で押す自己刺激が自閉症の子にあるのですが、それを他人の指を借りてやる孫を見て、信頼していないとできないことで、とても珍しいと言われます。

これはMRT仙骨無痛療法による大きな変化と思いますが、学校でも孫の周りには不思議と人が集まり、「人を引き付けるものがあるのですよ」と言われています。

 

もし、MRTに通っていなかったら…


もしMRTに通ってなかったら、孫は普通の子と比べ、どんどん発育が遅れ、言葉が出てくることもなかったでしょう。


いつも将来の不安や自分たちが亡くなった後、息子はどうなるのだろう…?という不安に包まれていたと思います。

障害児を負った母親の1番の心配はまず、

1、1人で歩けるようになるのか。

2、排泄が自分でできるようになるのか。

3、自分の意志を相手に伝えることができるか、そして、大人になったら1人で生きていけるようになるのかということです。


しかし、この約6年間の大きな成長を見て、将来の大きな不安が少しずつ小さくなってきました。

 


そのままの息子を認めてくださる多くの方に囲まれて、何も心配することはないと実感


孫は身体も丈夫になり、人と関わることが大好きになり、そしてありのままで受けとめてくれる人が周りにたくさん増えています。

つい先日、運動会の日、ビリで走っていたあの子の前に、6年生がもう1度ゴールのテープを張ってくれ、息子は意気揚々とテープを切ってゴールをしました。そして、皆の大きな拍手に包まれ、息子うれしそうにしていました。

この光景が今の息子を象徴しているように思います。普通の子供とは少し違うかも知れないけど、今日までの大きな変化を感謝し、また、そのままのこの子を認めてくれる多くの人のお陰で、ますます生き生きと生きていける。そして、息子を切っ掛けに、私自身もMRTを受けてきたことで、本当に中真を外しそうになると、RTの先生に励まされ、ここまできたように思います。

これからも、MRTを受けながら、息子の変化を見守っていきたいです。


(MRT千葉の誇り)

MRT千葉の誇り|仙骨無痛療法で腰痛・膝痛・肩こり等を改善 (mrt-chiba.com)



体験談は個人の感想であり、MRT仙骨治良(仙骨無痛療法)による効果を説明するものではありません。


 MRT仙骨無痛療法(MRT千葉)に通われている方は、仙骨1点・瞬間・無痛の治療により、背骨の土台である仙骨を調整することで、背骨・全身のゆがみが改善されるだけでなく、こちらのお子さんのように、発育の遅れに変化が出たり、病院で治らなかった坐骨神経痛や手術をしても改善されなかった椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症などの腰痛、妊娠・出産などの婦人科系・ホルモンバランス・自律神経・免疫力・などの症状が改善された方が数多くいらっしゃいます。


是非、MRT千葉にお越しください。
MRT千葉は、JR千葉駅から徒歩3分、千葉都市モノレール千葉駅から徒歩3分、京成千葉駅から徒歩2分の大変便利な場所にあります。


また、MRT千葉周辺にはコインパーキングもありますので、お車でも気軽にお越し頂けます。
お気軽にお問い合わせください。お電話または、オンラインで予約できます。


【MRT(マート)仙骨瞬間無痛良法】
微弱な磁気によって『仙骨』の変位を読み取り専用のMRTテーブルで瞬間・無痛に調整します。1981年の創設以来、全国12ヵ所のMRTオフィスで延べ400
万人以上の実績があります。

_____ !"#$%&